2020年11月15日

「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」第一景終わる!

 11月9日(月)「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」の第一景が終了を迎えました。
 たった4日間!
 しかも、フライヤーやDMなし!!
 告知は、SNSのみ!!!
 なのに、なのに、なのに・・・
 4日間とも、ほとんど途切れず観に来られる人が・・・!!
 (いったい何人の人に見てもらえるのだろうか???)は、嬉しいことに、取り越し苦労だったようです。
 皆様、本当に有難うございました。

 第一景の展示風景を少しだけ紹介します。(撮影 浅田隆一郎)
         IMG_0453.jpg

             IMG_0458.jpg

         IMG_0460.jpg

 床には、大小様々な「関守石」(山崎広介 作)
 天井との間には、縦横無尽に張られたワイアー(藤木 卓 作)と赤いガラス(広瀬絵美 作)
 ギャラリー内は、上も下もまさに結界そのもの!!
 何らかの理由で、空間と空間、領域と領域、人と人・・・などを分けるための結界!!
 結界は
  ここから先へは行ってはならぬ
  あなたの世界ではない
 と、身も心も入ることを拒絶する!!
 それはまさにコロナ禍の今と重なる!!

 だがしかし、
 拒絶するはずのこの展示空間は、実に居心地の良いものだった。
 確かに
  緊張感はハンパない
  油断するとつまずく、壊れる、ガラスは割れる
  おそるおそる歩いていくしかない
  「こわい」と母親に抱きつく幼子があった

 でも、でも
  なぜだか長居したくなる何かがあった(実際、大概滞在時間は長かった・・)
  瞑想したくなるような空気があった
  誰をも受け入れる和らぎがあった

 それがなぜなのか・・・

 ギャラリー入り口のプロジェクターは、
 「とまる/いける」
 と、映し出す!!
 決して「とまる/いけない」ではなく・・・

 「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」は、希望?なのか!!

  11月27日(金)からの第二景の展示が楽しみだ!!!!!
 
         IMG_0447.jpg
          

  

                             
 

 

 
 
 
posted by あきちゃん524 at 17:02| 富山 ☀| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

特設企画展「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」のお知らせ

「Fragments 2020」からひと月ほど経ちました。
 すっかり秋も深まり、朝晩の寒さに冬の訪れの足音さえ聞こえそうな今日この頃です。
 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 さて、「Fragments 2020」で今年の企画展は終了の予定でした・・・。
 が、やります!!特設企画展
 藤木 卓キュレーション「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」

         名付けようのない季節イメージ写真.jpg

 展覧会名     「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」
 キュレーター    藤木 卓
 参加アーティスト  広瀬絵美 山崎広介 藤木 卓
         <パフォーマンス>
           フラグメンツ are  オカサトシ 峠 佑樹
                     藤木 卓  ゆーきゃん
 期間
     第一景  2020年、11月、6日(金)7日(土)8日(日)9日(月)  <4日間>
           
     第二景  2020年、11月、27日(金)28日(土)29日(日)30日(月)<4日間>

 関連事業
     「微かな光のようなパフォーマンス」
       第1回  11月8日(日) 15;30〜16;30
       第2回  11月29日(日)15;30〜16;30
      ※ 完全予約制

 キュレーターの藤木卓さんの言葉
 
 本展はプロローグ展です。企画を立ち上げた時期はコロナウィルスの存在すら認知していない時期でした。ご存知のように月日が経つにつれて世界は変容しました。コロナ禍での展覧会は企画内容を変更せざるえない状況になりました。しかしながら、光を見つけたいと思いましたし、光はあるだろうと思いました。2020年11月「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」こちらを今年の本展タイトルとしました。2021年11月「光景/名付けようのない季節 as know as 情景」を来年のタイトルとしました。来年という未来の話ですが。その未来を想像したり未来の話をすることが光なんじゃないかと信じてみました。来年へ繋がるプロローグ展と位置づけたものを、今年の空気感でしか体現できないものを、2020年11月のギャラリー無量にて開催します。11月上旬を第一景、11月の下旬を第二景とします。現象をご覧ください。本質は想像する力に委ねます。今を生きるために。
                                  キュレーター藤木卓

 先が見えない今!!
 2020年11月にしか見れない景色!!
 「情景/名付けようのない季節→プロローグ/光景」が灯す光!!
 それは、強い?
     温かい?
     ほんのり?
     鋭い?
     かすか?
     たっぷり?
     歓喜?
     哀しみ?
     切なくも美しい?
     ・・・?
 身体中で感じたい!!
 
 そう思います!!

 皆様のお越しをお待ちいたしております
 よろしくお願い致します

 尚、パフォーマンスの鑑賞予約やコロナ感染予防対策など、詳細につきましてはホームページをごらんください!!
   ホームページアドレス https://www.gallery-muryow.com
 
予約は、既に受け付けております!!
         IMG_0319.jpg


  
 
     
     
     


 

 
posted by あきちゃん524 at 11:08| 富山 ☀| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

「Fragments 2020」盛況のうちに終了!!

 9月21日(月祝)午後5時、「Fragments 2020」は、無事終了しました。
 コロナ禍の中、しかも10日間という短い期間でしたが、とてもたくさんの皆様にご来場いただき、大盛況のうちに終了することができました。本当にありがとうございました。

 スタートの3日間を中止せざるを得ず、しかもその後の開催も危ぶまれる事態でしたが、本展作家の方々の、まるでギャラリースタッフの一員であるかのような並々ならぬ助力を頂いたおかげでなんとか乗り切り、2週目からは予定通り開催できましたこと、そして、このように大盛況のうちに終えることができましたことに、心からの感謝と安堵の気持ちでいっぱいです。
 この展覧会に関わってくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

 さて、展覧会やパフォーマンスの様子はインスタグラムやフェイスブックで何度か紹介してきましたので、ここでは、展覧会の最後を締めくくる「無観客座談会」の様子を少しだけ紹介したいと思います。
 
 座談会は、島敦彦館長(金沢21世紀美術館館長)のコーディネートで行われました。あまり気負わず、柔らかい雰囲気の中進んでいきました。
 ・それぞれの作品に対する思いや考え
 ・世代間での「現代」の捉え方の違いと表現
 ・「Fragments」の今後のあり方
 など・・・。
 島さんの名コーディネートは、知らぬ間に「本音トーク」を引き出し、素晴らしい時間となりました。
         IMG_0287.jpg         

         IMG_0280.jpg

         IMG_0283.jpg

         IMG_0284.jpg

         IMG_0285.jpg

         IMG_0286.jpg

 この模様は後日、動画配信する予定です。その折には連絡いたしますので、皆様には是非ご覧いただきたいと思います。よろしくお願い致します。

 今年度の企画展は、実は、この「Fragments 2020」1本だけです。
 が、「何か、やりたい!」
 という声もいくつか届いています。突発的な企画をするかもしれません。その折にはホームページなどでお知らせいたしますので、よろしくお願い致します。

 まだまだコロナ禍は、終息しそうにありません。
 非日常的な日常を、細心の注意を払って日々暮らしていくしかありませんね。
 皆様のご健勝をお祈りしています
         IMG_0294.jpg

         IMG_0295.jpg

    
      

posted by あきちゃん524 at 16:48| 富山 ☔| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする