2016年03月03日

「富山大学芸術文化学部 卒業修了制作展」その3

         IMG_2964.JPG

 これは、「富山大学芸術文化学部 卒業修了制作展」の畦地拓海さんの作品です。
 畦地さんは、2015年ギャラリー無量の企画展「Boundary line」と「Bazarr 2015」に出品し、独特の世界観を披露してくれました。また、2015年「富山アートフェスタ」では見事に「10周年記念特別賞」を受賞しました。
 その畦地さんの集大成ともいえる「縁」と題されたこの作品。
 「富山大学芸術文化学部 卒業修了制作展」(高岡市美術館)の入り口にドーンと誇らしげに立ち、圧倒的な存在感を放っていました。
 小西信英は次のように言っています。
「今回も、彼がこだわっている「浮遊感」を表してる。ボリュームの重なりや大きさ、質量を支えるものの危うさ、表情の細かな配慮。「抜け殻」「うつろ・空虚」の美しさがここに在る。今後も乾漆の可能性と主題の時代性をコントロールしながら新しい作品に取り組んでほしい。」

 今後の活躍に期待とエールを送ります。

「富山大学芸術文化学部 卒業修了制作展」は3月6日(日)までとなっています。
 若いアーティスト達の渾身の作品展、お見逃しなく

posted by あきちゃん524 at 11:36| 富山 ☁| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする