2017年08月21日

「越後正志 抜け穴 キュレーター鷲田めるろ」紹介

「越後正志 抜け穴 キュレーター鷲田めるろ」展は、今週の金曜日8月25日幕開けです
 今日は、先日行われた搬入の様子を中心に、キュレーター鷲田めるろさん、作家越後正志さんの紹介をします。

 搬入の様子から
         IMG_3917.jpg
                作品の荷を解く越後正志さん

         IMG_3931.jpg
          展示の仕方をレクテャーする鷲田めるろさんと、
          協力してくださった富山大学芸術文化学部の松田愛先生と学生達

 
 時にはギャラリー内を行ったり来たり
 時には座ってみたり立ってみたり
 時にはあっちこっちに作品を動かしてみたり
 時には沈黙
 そして、何度もの率直な意見交換
 
 最高の作品空間を作り上げるための作家とキュレーターの営み
 互いに尊重しているからこその妥協を許さない姿勢
 それは、和やかな中にも、緊張の糸がピーンと張り、神聖ささえ感じる特別な時間でした。
 この空間の中に居て、この空気を共にできたことは、とてもとても貴重な体験となりました。

 ここで二人の紹介をします。

 作家 越後正志
 
 1982年 富山県高岡市(福岡町)生まれ
 2005年 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業(卒業制作優秀賞)
 2007年 武蔵野美術大学大学院造形研究科建築コース修了(修了制作優秀賞)
      同年渡英
 2009年〜2012年
      ベルギー、ゲント市に住む
 2009年〜2010年
      ベルギー高等美術研究院で学ぶ
 現在   東京藝術大学大学院博士後期課程美術研究科油画専攻に在籍

 <主な出品展覧会>
 瀬戸内国際芸術祭(2013年小豆島、香川)
 Sint-Jan (2012年、ゲント、ベルギー)
 ダブリン・コンテンポラリー(2011年、ダブリン、アイルランド)
 ローマ国立近代美術館(2010 年、ローマ、イタリア)
 など
 
 <受賞など>
 2010年 吉野石膏美術振興財団、2011年ポーラ美術振興財団から若手芸術家
     在外研修助成を受ける
 2013年 武蔵野美術大学からパリ賞受賞
 2016年 現代美術振興財団から現代美術振興助成を受ける

 キュレーター鷲田めるろ

 1973年京都市生まれ
 金沢21世紀美術館キュレーター
 日本の現代美術や現代建築の展覧会、プロジェクトを企画する

 <主な企画>
  妹島和世+西沢立衛/SANAA
  アトリエ・ワン島袋道浩、坂野充学などの個展
  「金沢アートプラットホーム  2008」
  「3.11 以後の建築」などのグループ展
  第57回ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館キュレーター

  後5日!!
 8月25日金曜日午前10時開幕です!!
 皆様、ギャラリー無量へ、是非是非、足をお運びください!!

 

 
 

 
posted by あきちゃん524 at 16:47| 富山 ☁| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする