2020年07月27日

「STAYTUNE/D」カタログ完成!!

 昨年10〜11月に開催した展覧会、長谷川新キュレーション「「STAYTUNE/D」
 お待たせいたしました!!
 カタログが完成し、まもなく8月には、書店やAmazonでも販売される運びとなりました。
             IMG_0051.jpg

 作品写真、展示風景やインストール風景などの写真、水口博幸作「非常のジャングル」(抄録)、論評など全160ページに及ぶ分厚い「カタログ」です。
         IMG_0053.jpg

         IMG_0055.jpg

         IMG_0056.jpg

 カタログが家に届くと、早速、ページをめくってみました。そして、そのうち読みふけっていました。
 作家の歴史やその歩みに触れ、作品の裏にあるものや根底をなすものを考えたりすることで展覧会「STAYTUNE/D」の意味を改めてたしかめられたような気がします。
 また、耳の奥で響く八幡さんの作品のあのエンドロールの音楽とともに、この展覧会に関わった頂いた人達に思いを馳せ、懐かしい思いでいっぱいになりました。

 この展覧会は、長谷川新さんを中心にたくさんの人達によって作られました。
 そして、このカタログもまた、長谷川新さんはじめ、執筆者の皆様、翻訳者の皆様、撮影をしてくれた皆様、デザイン、印刷、編集に携わってくれた皆様など、たくさんの皆様のご協力によって完成しました。結集した人の力はすごい!素晴らしい!!!
 皆様、本当に本当に有難うございました。心より感謝いたします。


 さて、このカタログ、当ギャラリーでも販売いたします。
 
 「STAYTUNE/D」カタログ購入について 
  価格     1冊3,000円(税込3300円)
          ※お送りする場合は、別途送料(ゆうメール)をいただきます。
           1冊    310円
           2冊    360円
           それ以上  520円(レターパック)

  申し込み方法 
         メール(muryow@gallery-muryow.com)でお願いします
         詳細はホームペーにてご確認ください
           https://www.gallery-muryow.com/

 長谷川さんは言います。
「展覧会は「展覧会を見に来た人」と「来なかった人」を分断する装置ではない、ということです。展覧会とはむしろ、全てを見ることができず、同じ時間を生きることができず、互いに不十分な言語を操りながらなんとか毎日暮らしてる、という点においてはたぶん自分はひとりではない、という手ごたえのようなものを得るところです。」(カタログp59より抜粋)

 一人一人が身も心もソーシャルディスタンスを保ち、不安や恐怖だらけのこの「コロナ禍」でも(だからこそ)、こんな「手ごたえ」を感じられるギャラリー無量でありたい・・・と思います。

          

  

 

 
 
 
   
      
  
   
posted by あきちゃん524 at 16:37| 富山 ☁| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

「A-SCRIBE」追伸

 村田勇気個展 2,1章「A-SCRIBE」が終了して10日余り経ちました。
 緊急事態宣言が解除され、少しずつ人の動きも出てきているようです。

 さて、追伸のお知らせです!!

その@ スクリプトの撤去が終了しました
    ギャラリーは、一転、静寂そのもの!
         DSC00576.jpg

             DSC00573.jpg

そのA 新聞や雑誌に取り上げていただきました
               (お知らせが大幅に遅れてしまい、申し訳ありません。)
        
         IMG_5796.jpg
                北日本新聞 5月6日(水)朝刊

             IMG_5794.jpg
                朝日新聞  5月16日(日)朝刊

         IMG_5797.jpg
           雑誌「まんまる」2020年5月号(北日本新聞社発行) 

そのB 村田勇気個展 第3章?「CURCUM SCRIBE」へ    
 何回もお知らせしましたが、しつこく、もう1回!!
 本来開催する予定だった「CURCUM SCRIBE」は、来年度に延期になりました。
 来年こそ!
 皆様、乞うご期待!!
 よろしくお願い致します

 以上追伸でした。
 
 皆様、このコロナ禍中、健康によくよく気をつけて過しましょう
    
posted by あきちゃん524 at 11:51| 富山 ☀| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

「A-SCRIBE」終了!!

 5月17日(日)午後5時をもちまして、村田勇気個展 2,1章「A-SCRIBE」は終了いたしました。
         IMG_5767.jpg

         IMG_5764.jpg

         IMG_5769.jpg

         IMG_5768.jpg

 4月17日から5月17日まで、まさにコロナ感染拡大による緊急事態宣言下に行われた展覧会でした。
 「3密」禁止で他人との接触をなるべく避け、「自粛生活」を余儀なくされたこの期間。
 私にとっては、非接触なのに、村田勇気という作家と「濃厚接触?」したかのような、濃密な日々でした。

 生活実感から社会現象や政治状況まで
 その視点や捉え方、考え方、感じ方、皮膚感覚・・・
 時には知りたくないことも・・・
 
 村田勇気のおびただしい数(2222枚+28枚)に増殖していくスクリプトを、1枚1枚ただただ読みながら貼るという行為を繰り返しているうちに、なんだか彼の秘密をチラッと覗き見しているような感覚になりました。
 村田さんが私たちを「共犯者」と呼ぶのは、こんなことなのかもしれません。
 1枚1枚のスクリプトと、2250枚のスクリプトが作る空間の怖ろしいほどのエネルギーは、知らぬ間に、私を「共犯者」にまでしてしまったようです。

         IMG_5765.jpg

         IMG_5782.jpg

 今は、喘ぎながらもなんとか「共犯者」としてあり続けられたことに、ホッとしています。置き去りにされたような一抹の寂しさとともに。
 
         IMG_5771.jpg
             
         
         IMG_5781 (1).jpg


 さて、本来なら、同時期に行われるはずだった「CURCUMSCRIBE」
 この「A-SCRIBE」を経て、どう展開されるのか。
 楽しみにして、1年の間、待つことにします。
 その時は、どうか、皆様と一緒に観ることができますように
 
posted by あきちゃん524 at 11:14| 富山 ☁| Comment(0) | gallery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする